浜松市のダイニングバー:現場2


 造作もかなり進んでもうすぐ仕上げに入っていきます!

写真の天井は通常下地に使うLGSですが、無彩色で統一されながら様々な材料の表情でまとめるというコンセプトなのでそのままの表しにしています。正面に見えるのは木毛セメント板です。照明が当たることで複雑な表情を見せてくれる面白い材料です。


#浜松市のダイニングバー

特集記事
最新記事